タンパク質と腰痛

たんぱく質は筋肉を強化してカルシウムの吸収を助けます!

腰痛対策には、なんといっても腰の骨ですが、その腰の骨を支えるには筋肉の働きがたいへん重要になってきます。
この筋肉の材料になるのがたんぱく質というわけです。

たんぱく質は体の中で分解と合成を繰り返して常に新しく作られています。
合成に使われなかった分は体外に排泄されるので、その失われた分は食事で補わなければなりません。

そして、たんぱく質が不足すると、筋肉や組織からたんぱく質を分解して補おうとするため、筋肉量が減り、腰痛を招くことになりかねません。
とくに高齢者になるにつれて、食事の量が減ってたんぱく質が不足しがちになるので、要注意です。

たんぱく質は骨の主成分であるカルシウムの吸収を促進します。骨の成分の一つであるコラーゲンもたんぱく質の一種なのです。
腰痛予防のためにも、たんぱく質はしっかり摂りたいものです。

ただし、たんぱく質は余分に摂っても体内に貯蔵されず、摂りすぎると尿として排泄され、腎機能にも負担をかけてしまいます。また、カルシウムの排泄を促します。
ですから、たんぱく質は、適量に摂ることが必要です。

たんぱく質を多く含むのは、肉や魚介、卵、乳製品などの動物性食品で、アミノ酸のバランスもよいため、体内で効率よく利用されます。
ですが、あまり動物性たんぱく質ばかりに偏ると、コレステロールや飽和脂肪酸のとりすぎになり、動脈硬化を招くなどのマイナス面もあります。

なので、たんぱく質の多い植物性の大豆や大豆製品を多く摂ることをおすすめします。
大豆製品には骨粗霧症予防が期待できるイソフラボンが含まれ、納豆にはカルシウムを骨に沈着させるビタミンKもたっぷり含まれています。

このように、たんぱく質は動物性と植物性をうまく組み合わせ、様々な食品から適量を摂ることがポイントと言えるでしょう。

⇒腰痛を自分で治すストレッチ体操

食事の腰痛対策関連コンテンツ

食事と腰痛の関係は大いにありなんです!
腰痛対策に食事なんて関係ないよと思われるかもしれませんが、実は食事と腰痛は大いに関係ありなんです。  ..... >> 続きを読む

ダイエットで腰への負担を軽滅
体重の重い人ほど腰にかかる負担は大きくなり、腰痛のリスクも高くなります。 また、メタボでおなか周り ..... >> 続きを読む

骨の健康の為にカルシウムが豊富な食品を毎日食べましょう!
カルシウムは、とりわけ骨の健康に重要ですが、年齢とともに吸収率や蓄積量が低下し、骨がスカスカになる骨 ..... >> 続きを読む

ビタミンD・ビタミンKはカルシウムを助けてくれます!
腰痛対策に欠かせないのがカルシウムですが、なかなか吸収されにくいという難点があります。 そこでそれ ..... >> 続きを読む
腰痛以外にも身体の悩みは様々なものがあります。
特に最近多くの方が抱えている悩みの解決には以下のサイトがお役に立てると思いますので、参考にしてください。
・高血圧と糖尿病
・ガンの食事療法
・自立神経失調症
・多汗症
・子宮筋腫
 

サイトマップ