ダイエットと腰痛

ダイエットで腰への負担を軽滅

体重の重い人ほど腰にかかる負担は大きくなり、腰痛のリスクも高くなります。
また、メタボでおなか周りにたっぷり脂肪のついた人が、反り返った姿勢をしていることがあります。
これは、おなかを突き出し、逆に胸は反らせることでバランスをとっているのですが、この姿勢では、腰椎のカーブが深くなり、腰痛を起こしやすくなるのです。

肥満は腰の大敵です。太っている人はぜひ減量しましょう。少しやせただけでも腰への負担がぐんと軽くなります。

ダイエットの基本といえば、食事を適正なエネルギーヘと減らし、運動で消費エネルギーを増やすことです。
しかし、腰が痛い人は運動が難しいこともあるため、食事法に重点をおく必要があります。
そのためには、エネルギーコントロールに加え、食習慣を改善することが重要になります。

食習慣を改善するポイント
・夕食は9時までにすませる
・空腹時間が長くならないように欠食しない
・よく噛んでゆっくり食べる
・野菜料理や汁ものから食べ始める
・必要以上に買い置きをしない 

また、無理なダイエットはかえって危険です。
欠食や絶食、一つの食品だけを食べるような無理なダイエットはいけません。一時的には体重が落ちても長続きせず、リバウンドしやすくなります。
その上、栄養不足で筋肉や骨を弱くするため、腰痛を促進してしまう可能性もあります。

腰痛対策としてのダイエットは、必要な栄養素は確保しつつ、月に1sぐらいのペースで減量するのが理想的と言えるでしょう。

【参考】

・肥満度のチェック

BMI=体重(s)÷[ 身長(m)×身長(m) ]

日本肥満学会の肥満基準

18.5未満     低体重(痩せ型)
18.5以上25未満 普通体重(22が標準体重)
25以上 30未満 肥満(1度)
30以上 35未満 肥満(2度)
35以上 40未満 肥満(3度)
40以上     肥満(4度)

・標準体重

標準体重(kg)= 身長(m)×身長(m) × 22

⇒腰痛を自分で治すストレッチ体操

食事の腰痛対策関連コンテンツ

食事と腰痛の関係は大いにありなんです!
腰痛対策に食事なんて関係ないよと思われるかもしれませんが、実は食事と腰痛は大いに関係ありなんです。  ..... >> 続きを読む

たんぱく質は筋肉を強化してカルシウムの吸収を助けます!
腰痛対策には、なんといっても腰の骨ですが、その腰の骨を支えるには筋肉の働きがたいへん重要になってきま ..... >> 続きを読む

骨の健康の為にカルシウムが豊富な食品を毎日食べましょう!
カルシウムは、とりわけ骨の健康に重要ですが、年齢とともに吸収率や蓄積量が低下し、骨がスカスカになる骨 ..... >> 続きを読む

ビタミンD・ビタミンKはカルシウムを助けてくれます!
腰痛対策に欠かせないのがカルシウムですが、なかなか吸収されにくいという難点があります。 そこでそれ ..... >> 続きを読む
腰痛以外にも身体の悩みは様々なものがあります。
特に最近多くの方が抱えている悩みの解決には以下のサイトがお役に立てると思いますので、参考にしてください。
・高血圧と糖尿病
・ガンの食事療法
・自立神経失調症
・多汗症
・子宮筋腫
 

サイトマップ