座る姿勢で腰痛予防

正しい座り方のポイントは、椅子に深く腰かけることです。

ふだんの姿勢が悪いと、腰痛はもちろん、肩こり、膝瘤、頭痛までも引き起こすことがわかっています。
とにかく毎日のことですから体への影響は大きく、放っておくと骨の変形まで引き起こしてしまうこともあります。
ですから、自分の姿勢を改めて見直し、気づいたその日から改善していくことがとても大切なことになります。

ふだんの姿勢の中で、座る姿勢が良い座り方なのか、悪い座り方なのかを意識することが重要です。

畳を中心とした生活からテーブルと椅子を使う生活スタイルに変わり腰にとっては比較的負担が少なくなりました。
とはいっても、正しい姿勢で椅子に座らなければ、やはり腰には大きな負担になります。

椅子の座り方で最も悪い座り方は浅い座り方です。これは腰が必要以上に反ってしまうのでいけません。

また、パソコンなどを使う仕事では、画面を見るために長時間首が反っていたり、キーをたたいたりマウスを握るため、手が必要以上に前方にある状態だったりすると、徐々に背中が反ってきたり、前かがみになったりして腰を傷めます。
背骨のS字力ーブに沿ったクッションを腰に当てると少し楽になって、前かがみに傾くのを防げます。

正しい座り方のポイントは、深く腰かけることです。

背筋を軽く仲ばして、おへそに力を入れて腹筋を引き締めます。
腰と太ももの角度をほぼ垂直に保ち、椅子の高さは、足の裹が床面にぴったりつくくらいに調節します。

そして、30分に1度くらいは立ち上がって、軽くストレッチするなどして、体を動かすようにしましょう。

⇒腰痛を自分で治すストレッチ体操

正しい姿勢で腰痛予防関連コンテンツ

腰に負担をかけない正しい立ち方とは?
正しい姿勢で立つことができると、腰への負担は軽くなりますが、いつも正しい姿勢で立っている人は意外と少 ..... >> 続きを読む

寝るときの正しいし背のポイントは、背骨のS字カーブを自然に保つこと
腰にとっては背骨のS字カーブが保たれている状態がいちばんですから、寝ているときもなるべくその状態に近 ..... >> 続きを読む

健康のためのウォーキングも、悪い姿勢では腰を傷めてしまいます!
健康のためにウォーキングをする人が増えています。 ですが、いくら健康のためとたくさん歩いても、それ ..... >> 続きを読む
腰痛以外にも身体の悩みは様々なものがあります。
特に最近多くの方が抱えている悩みの解決には以下のサイトがお役に立てると思いますので、参考にしてください。
・高血圧と糖尿病
・ガンの食事療法
・自立神経失調症
・多汗症
・子宮筋腫
 

サイトマップ