寝る姿勢で腰痛予防

寝るときの正しいし背のポイントは、背骨のS字カーブを自然に保つこと

腰にとっては背骨のS字カーブが保たれている状態がいちばんですから、寝ているときもなるべくその状態に近づけるようにすることがポイントになります。

基本的にはあお向けで寝るのかよいでしょう。

ただ、腰が痛むときは、膝の下にクッションを入れるなどして、膝を少し曲げた状態を保つと痛みが軽減されます。

また、横向きになって膝と膝の間にクッションや抱き枕を挟んで寝るのもいいでしょう。

うつぶせで寝るのはS字カーブを強調しすぎてしまうので腰に負担がかかります。

どうしてもうつぶせでないと眠れない場合は、お腹の下にクッションを入れて腰を反らせすぎないようにするとよいでしょう。

寝具を選ぶ場合も「背骨のS字カーブが自然に保たれるか」がポイントになります。
あまり沈み込みが大きいものは避けるようにしてください。お尻が沈み込むと筋肉が不自然に伸びるだけでなく、寝返りが打ちづらいので腰に悪い影響を与えます。

また、「煎餅布団」のような硬すぎる寝具もよくありません。腰が反りすぎてしまい、腰への負担が大きくなります。

⇒腰痛を自分で治すストレッチ体操

正しい姿勢で腰痛予防関連コンテンツ

正しい座り方のポイントは、椅子に深く腰かけることです。
ふだんの姿勢が悪いと、腰痛はもちろん、肩こり、膝瘤、頭痛までも引き起こすことがわかっています。 と ..... >> 続きを読む

腰に負担をかけない正しい立ち方とは?
正しい姿勢で立つことができると、腰への負担は軽くなりますが、いつも正しい姿勢で立っている人は意外と少 ..... >> 続きを読む

健康のためのウォーキングも、悪い姿勢では腰を傷めてしまいます!
健康のためにウォーキングをする人が増えています。 ですが、いくら健康のためとたくさん歩いても、それ ..... >> 続きを読む
腰痛以外にも身体の悩みは様々なものがあります。
特に最近多くの方が抱えている悩みの解決には以下のサイトがお役に立てると思いますので、参考にしてください。
・高血圧と糖尿病
・ガンの食事療法
・自立神経失調症
・多汗症
・子宮筋腫
 

サイトマップ