起き上がるときの腰痛対策

起き上がるときに腰に大きな負担がかかります!

朝、目が覚めて起き上がるときに、「ヨイショッ」と勢いをつけて起き上がる人がいます。
これだけでも腰に負担がかかってしまうのです。

“眠りから覚めてベッドや布団から起き上がる。”

これは、だれもが毎日行なっている動作ですが、この何気ない動作にも、腰に大きな負担がかかる可能性があります。
とくに腰痛を抱えている人は注意が必要です。

床から起き上がるときに注意する点

膝を曲げ、コロンと横向きになり、足を胸側に引きつけ腕をつき、四つんばいになってから起き上がるようにしてください。

ベッドであれば、横向きになった姿勢から足を床に下ろし、そこから足の重みを利用して上半身を起こします。
このとき注意してほしいのは、上半身をひねらないようにすることです。
床よりもベッドから起き上がるほうが腰への負担は軽くなります。

よく見かけるのが、あお向けのまま腹筋運動のように勢いよく腰を曲げて起き上がる人がいることです。
これは、腰痛のないときでも、腰に負担がかかるのでやめましょう。

もし、いま腰が痛いよという人がこういう起き上がり方をしてしまうと、あまりの痛さに思わず声を上げてしまうかもしれませんね。
あお向けの状態で、足を高く上げて勢いをつけて起き上がるのは絶対にやめましょう。

朝起きてすぐの時の筋肉は、まだ硬い状態にありますから、起床時の急激な腰への負担はぎっくり腰などの危険を伴いますので、日常生活での腰痛予防対策として十分注意してほしいと思います。

⇒腰痛を自分で治すストレッチ体操

日常生活での腰痛対策関連コンテンツ

くるまの運転では姿勢とストレッチがポイントです!
車の運転で腰の負担ななることといえば、なんといっても同し姿勢を強いられることです。 とくに長時問の ..... >> 続きを読む

立ち仕事は気づかな いうちに腰に負担がかかっています!
日頃立ち仕事をしている人はもちろんですが、日常の中にも立って行なう家事はたくさんあり、気づかないうち ..... >> 続きを読む

掃除や洗濯は腰にやさしい方法で
主婦にとって掃除や洗濯は欠かせない家事仕事ですが、様々な形で腰に負担がかかっています。 ・掃除 ..... >> 続きを読む

重い荷物を持ち上げるときは赤信号です!
仕事中はもちろん、日常生活の中でも、物を持ち上げる必要がある場面には多く出くわします。 そこで ..... >> 続きを読む

顔を洗う、歯磨きをする、お風呂に入る、この何げない動作でも腰にやさしく
顔を洗う、歯磨きをする、お風呂に入る・・・ こんな何でもないような動きの中にも、腰の大敵が潜ん ..... >> 続きを読む

椅子は着替えるときや靴を履くときの強い味方です!
腰痛が持病という人にとって、立ったままズボンや靴下をはいたり、靴をはく動作は非常に苦痛を伴います。  ..... >> 続きを読む

座り方によっては腰に悪い影響が
日常生活の何気ない動作の中でも座るというのはリラックスしている状態ですね。 ですから、あまり腰への ..... >> 続きを読む
腰痛以外にも身体の悩みは様々なものがあります。
特に最近多くの方が抱えている悩みの解決には以下のサイトがお役に立てると思いますので、参考にしてください。
・高血圧と糖尿病
・ガンの食事療法
・自立神経失調症
・多汗症
・子宮筋腫
 

サイトマップ