車を運転するときの腰痛対策

くるまの運転では姿勢とストレッチがポイントです!

車の運転で腰の負担ななることといえば、なんといっても同し姿勢を強いられることです。
とくに長時問のドライブには注意が必要です。常にに正しい姿勢を心がけましょう。

・車の運転をする時の注意点

正しい姿勢を保つには、まず、シートの位置の調節から始めましょう。

シートに深く腰かけてお尻をシートの一番奥に収め、背もたれとお尻の間にすき問ができないようにすることが肝心です。
背面のシートを起こしぎみにして背中がついた状態から、足の曲げ伸ばしに余裕のある位置まで座面シートの前後を調節します。
背面のシートを倒しすぎると背中が反ってしまうので、倒しすぎに注意しましょう。

ハンドルを握るときの肘の角度は、120度くらいになるようにして、座面シートの位置を前後に微調節します。

ハンドルに近づきすぎると猫背になり、離れすぎると腰が反ってしまいます。
運転中は、揺れを体全体で受け止めるようにすると疲れが軽減されます。

長時間にわたって運転をする場合は、こまめに休憩をとることが一番です。
腰痛になりやすい人なら1時間に1度くらいの割合で休むのがよいでしょう。

休憩の際には腰の筋肉の緊張をほぐす軽いストレッチを行なうと効果的です。

車の運転中での腰痛予防対策としては、運転の姿勢とこまめな休憩に軽いストレッチを意識するようにして下さい。

⇒腰痛を自分で治すストレッチ体操

日常生活での腰痛対策関連コンテンツ

立ち仕事は気づかな いうちに腰に負担がかかっています!
日頃立ち仕事をしている人はもちろんですが、日常の中にも立って行なう家事はたくさんあり、気づかないうち ..... >> 続きを読む

掃除や洗濯は腰にやさしい方法で
主婦にとって掃除や洗濯は欠かせない家事仕事ですが、様々な形で腰に負担がかかっています。 ・掃除 ..... >> 続きを読む

重い荷物を持ち上げるときは赤信号です!
仕事中はもちろん、日常生活の中でも、物を持ち上げる必要がある場面には多く出くわします。 そこで ..... >> 続きを読む

顔を洗う、歯磨きをする、お風呂に入る、この何げない動作でも腰にやさしく
顔を洗う、歯磨きをする、お風呂に入る・・・ こんな何でもないような動きの中にも、腰の大敵が潜ん ..... >> 続きを読む

椅子は着替えるときや靴を履くときの強い味方です!
腰痛が持病という人にとって、立ったままズボンや靴下をはいたり、靴をはく動作は非常に苦痛を伴います。  ..... >> 続きを読む

起き上がるときに腰に大きな負担がかかります!
朝、目が覚めて起き上がるときに、「ヨイショッ」と勢いをつけて起き上がる人がいます。 これだけでも腰 ..... >> 続きを読む

座り方によっては腰に悪い影響が
日常生活の何気ない動作の中でも座るというのはリラックスしている状態ですね。 ですから、あまり腰への ..... >> 続きを読む
腰痛以外にも身体の悩みは様々なものがあります。
特に最近多くの方が抱えている悩みの解決には以下のサイトがお役に立てると思いますので、参考にしてください。
・高血圧と糖尿病
・ガンの食事療法
・自立神経失調症
・多汗症
・子宮筋腫
 

サイトマップ